/

ワクチン4回目接種、5月にも開始 厚労省分科会

(更新)

厚生労働省の専門分科会は27日、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を予防接種法上の「特例臨時接種」に位置づけ、無料で受けられるようにする方針を了承した。60歳以上と、18歳以上で持病のある人や医師が重症化リスクが高いと判断した人が対象になる。厚労省が正式な手続きを進め、5月中にも接種が可能になる見通しだ。

3回目から5カ月以上の間隔をあける。4回目の接種を受けるよう協力を促す「努力義務」は60歳以上に課す。自治体が住民に情報提供する「勧奨」は接種対象全員に対して行うよう求める。

接種券の配送方法は同省が検討を続ける。60歳以上にまず送り、基礎疾患のある人には個別の要望を受けて配布する「手挙げ制」などが想定されている。

米ファイザー製と米モデルナ製のワクチンを使う。両社とは4回目接種に向け、計1億4500万回分の追加供給を受けることで合意している。足元では3回目用に確保・配布したワクチンも余っており、4回目向けに活用できる見通しだ。

対象年齢をめぐり諸外国の判断は分かれる。英国は75歳以上を対象とする一方、米国は50歳以上で認めた。今後、接種データが集まれば国内の対象が広がる可能性もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン