/

この記事は会員限定です

日本ODA、過去最高の勢い 対中念頭にコロナ対応支援 

OECD方式の支出純額ベース

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本の2021年の政府開発援助(ODA)が1995年の144億㌦(1兆5900億円)を超えて過去最高となる勢いで増える見通しだ。新型コロナウイルス対応で東南アジアに医療機器などの無償資金協力を拡充する。対中国を念頭に国際保健分野で日本の発言力を高める狙いがある。

政府は2021年度予算で、ODAの支出額から過去の借款の回収金を引いた「支出純額ベース」で前年度より11%増の1兆7356億円を計上した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン