/

この記事は会員限定です

経済安保や脱炭素に官民投資172兆円 経産省2030年目標

[有料会員限定]

経済産業省が経済安全保障や脱炭素といった重点分野の官民投資額を、2030年に現在の1.5倍にあたる172兆円まで引き上げる目標をかかげることが26日、分かった。分野を問わず、スタートアップや人材への投資も加速させ、経済成長につなげる狙いだ。

27日の同省の有識者会合で示す中間報告に盛り込む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン