/

この記事は会員限定です

「トップガン」が映す米中分断 中国は日本国債を買うか

経済部長 高橋哲史

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍を挟んで、3年ぶりに映画館に足を運んだ。トム・クルーズ主演の映画「トップガン マーヴェリック」をみるためだ。

確かめたいことがあった。トム・クルーズ演じる腕利きのパイロットが着るジャケットの背中がどうなっているかだ。1986年に公開された前作では、日の丸と台湾の旗をあしらったワッペンが貼られていた。

ところが、2019年夏に出た今作の予告編をみると、どちらの旗も消えていた。中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン