/

与党、絶対安定多数視野 立民伸び悩み 共同通信調査

共同通信社は第49回衆院選に向けて23~26日、全国の有権者約11万9千人を対象にした電話世論調査を実施し、取材も加味して終盤情勢を探った。自民党は、公明党と合わせた与党で定数465のうち、国会を安定的に運営できる「絶対安定多数」(261議席)を視野に入れるものの、単独では公示前の276議席から減らす可能性がある。

立憲民主党は伸び悩んでいる。日本維新の会は公示前勢力の約3倍となる30議席超の勢いで、公明、共産両党は堅調を維持している。

投票先を「まだ決めていない」とした人が小選挙区で4割程度いる。接戦の小選挙区も多く、情勢は流動的だ。

自民は序盤情勢調査(19、20両日)と同様、小選挙区(定数289)、11ブロックの比例代表(定数176)ともに手堅くまとめている。選挙区は約200で先行。ただ約70選挙区で接戦となっており、最終盤に向けて予断を許さない。比例は公示前の66議席に近づいている。

立民は共産などとの野党共闘により、50超の小選挙区で優位に立つ。比例は40議席台から上積みを図る展開。公示前の110議席より伸ばせるかどうかは、接戦区の勝敗が鍵を握る。

公示前29議席の公明は、公認候補を擁立した9選挙区の大半で浸透している。比例は公示前の21議席より増やしそうだ。目標に掲げる比例800万票獲得を目指す。

共産も比例で公示前の11議席を上回る可能性がある。小選挙区の1議席維持も狙う。

維新(公示前11議席)は勢いを堅持。地盤である関西以外でも健闘しており、衆院に単独で法案を提出できる21議席を超え30議席台が現実味を帯びる。

国民民主党は前職6人が選挙区で懸命に戦い、れいわ新選組は比例で議席を獲得しそうだ。社民党は小選挙区の1議席を死守しそうだ。「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」は厳しい。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン