/

この記事は会員限定です

ポストコロナの労働組合

風見鶏

[有料会員限定]

小雨の舞う4月29日。連合は都内で92回目のメーデー中央大会を開いた。神津里季生会長は「新型コロナウイルス禍の難局にある今こそ働く仲間に寄り添い、労働組合の役割を発揮していこう」とオンラインで呼びかけた。

企業が推進するデジタルトランスフォーメーション(DX)、新型コロナの感染拡大に伴うテレワークなど働き方の変容は労組にどんな影響をもたらすのか。

先を行く米国では巨大IT(情報技術)大手で組合結成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン