/

首相「世界に魅力発信」 奄美・沖縄の世界自然遺産

菅義偉首相は26日、首相官邸のツイッターで、奄美大島や徳之島、沖縄本島などが世界自然遺産に登録されたことについて「心からうれしく思う。本当におめでとうございます」と祝意を示した。「世界に誇れるこの貴重な環境を次世代に引き継ぎ、世界に魅力を発信していきたい」と語った。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は固有の動植物が多く生息する「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の世界自然遺産への登録を決めた。自然遺産としては2011年に登録された「小笠原諸島」(東京)に続き5件目となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン