/

国の大規模接種、東京の予約28日午後6時から 3回目対象

防衛省・自衛隊は28日の午後6時から新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を担う大規模接種会場の予約受け付けを開始する。東京会場は31日から稼働する。同日から2月5日接種分として1日あたり720人程度を募集する。

防衛省のホームページや対話アプリ「LINE」から専用サイトに入り申し込む。電話でも予約できる。

1月31日の午後6時に2月7~13日接種分の予約も始める。6日にいったん閉鎖して施設を拡張し、7日以降は1日2160人に増やす。7月31日まで開く。

2回目接種から6カ月以上の間隔が空いた高齢者らの利用を見込む。政府は2月が希望する高齢者の3回目接種のピークとみている。国が接種会場を開き、地方自治体の業務の軽減につなげる。

東京会場は2021年の1~2回目接種時と同じ大手町合同庁舎3号館(千代田区)に置く。ワクチンは米モデルナ製を使う。

地域などの制限は設けず全国の18歳以上を対象とする。自治体が配る接種券が手元にあることが条件となる。防衛省は「2回目の接種から6カ月以上経過していない人は接種できない」と説明している。

国の会場では3回目の人のみに対応する。1~2回目接種の予約はできない。予約なしで訪れる人や接種券を持参しなかった人は断る方針だ。

大阪会場は2月4日から予約受け付けを始める。1~2回目接種の会場だった国際会議場は使わず、大阪市内の民間ビル「堺筋八木ビル」で同7日から接種する。接種人数は1日960人とする。

首相官邸が26日に公表した接種実績によると3回目を終えたのは289万人で全国民の2.3%にとどまる。自衛隊が21年に会場を開いた際には全体の1%にあたる196万回を打った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン