/

この記事は会員限定です

旧統一教会と政界、広がる波紋 閣僚ら選挙支援

立民・共産など追及へ

[有料会員限定]

「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」と政治の関係を巡る発言が相次いでいる。自民党の議員・閣僚らが選挙で支援を受けたと明らかにした。立憲民主党や共産党など野党は多額の寄付をはじめ被害報告が上がる団体から組織的な支援を自民党が受けていた可能性があるとみて追及する。

背景には安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件がある。山上徹也容疑者は旧統一教会への恨みを供述している。

旧統一教会は1968年に反共産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン