/

緊急事態8道県・まん延防止4県を追加 9月12日まで

政府は27日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言に北海道や愛知など8道県を追加した。宣言に準じる「まん延防止等重点措置」には4県を加えた。期間は現在発令中の宣言にあわせて9月12日まで。全国で33都道府県が宣言か重点措置のいずれかの対象になる。

北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県を重点措置から宣言に切り替える。重点措置には高知、佐賀、長崎、宮崎の4県を加える。宣言は21都道府県、重点措置は12県となる。

宣言や重点措置の対象地域で、飲食店に酒類の提供を停止するよう求める。営業時間は午後8時までに短縮する。百貨店やショッピングセンターなど1千平方メートルを超える大型商業施設には入場整理や制限をかけるよう事業者に求める。

外出自粛も改めて促す。混雑した場所への外出機会の半減や、テレワークによる出勤者数の7割削減を要請する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン