/

この記事は会員限定です

病床確保へ法改正「必要」73% 接種証明活用は賛成61%

本社世論調査

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本経済新聞社の27~29日の世論調査で、新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れるために病床確保などを政府や都道府県が病院により強く求めるための法改正について聞いた。「必要だと思う」との回答が73%を占め「必要だとは思わない」の18%を大きく上回った。

菅義偉内閣の支持率は政権維持の「危険水域」とされる30%割れが迫る。8月に入ってからの新型コロナの感染拡大により自宅療養中の人は25日時点で11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン