/

この記事は会員限定です

「消費者ファースト」重視 元公取委員長の杉本和行氏

春の叙勲 喜びの声

[有料会員限定]

「市場の番人」と呼ばれる公正取引委員会の委員長として巨大IT(情報技術)企業の寡占問題などに取り組んだ。「皆様からの支援と助力のたまもの。妻をはじめ家族にも心身両面で支えてもらった」と感謝を語る。

1974年に大蔵省(現財務省)に入省。森喜朗元首相の首相秘書官を務めたほか、小泉純一郎政権の年金・医療改革に関わり、米リーマン危機後は事務次官として財政・金融面で経済の底割れ回避に奔走した。

13年から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン