/

この記事は会員限定です

憲法改正、自民・公明・維新が言及 立民は記載なし

2021衆院選 各党公約を読む

[有料会員限定]

自民、公明、日本維新の会、国民民主など各党は公約に憲法改正の方向性を明記した。野党第1党の立憲民主党は公約に記載せず、温度差が浮き彫りとなった。

自民は早期の改憲を目指すと公約に記した。安全保障環境や社会生活の変化など時代の要請に応えられる憲法を制定するとうたった。

「条文イメージ」として①自衛隊の明記②緊急事態対応③合区の解消④教育充実――など4項目を提示した。新型コロナウイルスの感染拡大により...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン