/

東京、5カ月連続で転出超過 9月の人口移動報告

総務省が26日発表した9月の住民基本台帳人口移動報告によると、東京都は転出者数が転入者数を3533人上回り、5カ月連続の転出超過となった。新型コロナウイルス禍でテレワークが普及したことなどで、東京から近郊に引っ越す動きが広がっている。

転出者は2万8684人と前年同月に比べて6%減、転入者は2万5151人で7%減った。埼玉・千葉・神奈川の3県を含む「東京圏」は233人の転入超過となった。都内から隣県に移り住む人が増えていることを示す。

人口一極集中が続いていた東京は2020年5月、比較可能な13年7月以降で初めて転出超過に転じた。入学や就職の動きが増える3~4月を除き、21年は転出超過が続いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン