/

この記事は会員限定です

過労自殺の半数、うつなど発症から6日以内 厚労省報告

[有料会員限定]

政府は26日、「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。うつ病など精神障害で労災認定された過労自殺者について、発症から6日以内と短期間で亡くなる人が半数に上るとの調査結果を明らかにした。医療機関を受診しないまま自殺に至る人も多い。相談窓口の一層の充実など対応を強化する必要性が改めて浮き彫りになった。

2012年度から17年度までに精神障害で労災認定され自殺した497人のうち、47%が発症から6日以内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン