/

この記事は会員限定です

自公国、6月にヤングケアラー支援策 協議枠組み維持

[有料会員限定]

自民、公明、国民民主の3党は27日、国会内で大人のかわりに家族の世話などをする「ヤングケアラー」支援の検討チームの初会合を開いた。立法措置も念頭に置いた支援の必要性で一致し、6月をメドに方向性をまとめて3党の幹事長に申し入れることを確認した。

ガソリン税の一部を減税する「トリガー条項」の凍結解除の検討に続き、実務者による3党の政策協議の枠組みを維持する。

検討チームの担当として自民党の田村憲久前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り481文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン