/

国民、野党共通政策に難色 玉木氏「安保が非現実的」

国民民主党の玉木雄一郎代表は26日、徳島市で記者会見し、夏の参院選での野党共通政策への参加に難色を示した。ウクライナ情勢や北朝鮮の弾道ミサイル発射に触れ「非現実的な外交・安全保障政策やエネルギー政策には合意できない。わが党は今、想定していない」と述べた。

安保関連法廃止を求めるグループ「市民連合」は、立憲民主党や国民などに共通政策の策定を呼び掛けている。

国民は昨年の衆院選で、安保法や原発ゼロを巡る記述に同意せず、共通政策に加わらなかった。玉木氏は会見で「現実的な政策を追求するという党の理念と合わなかった」と振り返った。〔共同〕

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン