/

二重変異、21件確認 小池都知事「都内で1件」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
国内における水際対策強化や変異株の監視体制強化など必要な対策を徹底する=共同

加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、1つのウイルス内で2つの変異が起きる新型コロナウイルスの「二重変異株」が国内でこれまでに21件確認されたと明らかにした。「水際対策や監視体制の強化など必要な対策を徹底したい」と述べた。21件のうち20件が空港検疫でみつかったという。

加藤氏は二重変異株にワクチンの効き目が薄いとされる見方に関し「具体的な見解が示されたとは承知していない」と話した。

これに関連し東京都の小池百合子知事は26日、インドで感染が拡大している新型コロナウイルスの変異株が都内で確認されたと明らかにした。「国内で21件確認されたうち、東京で1件確認できている」と述べた。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン