/

この記事は会員限定です

夏本番へ電力に危うさ 初の逼迫注意報、火力頼みに限界

[有料会員限定]

経済産業省が26日に電力の需給逼迫注意報を初めて発令することになったのは、想定を超える気温上昇が要因だ。電力の需給バランスに危うさを抱えたまま夏本番を迎える。日本の電力は構造的な不足が指摘される。脱炭素の観点から、火力発電所の追加の稼働に頼るだけでは限界もある。原子力発電の活用に向けた議論が求められそうだ。

電力広域的運営推進機関の24日時点の推計では、7月1日までの1週間の予備率でもっとも厳し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン