/

格安スマホへの通話回線貸出料、開示制度を検討 総務省

総務省は格安スマートフォン事業者が携帯電話大手に支払う通話回線の利用料について、大手に情報開示を求める制度を検討する。通話回線は相対契約で貸出料が決まる。総務省は標準的な利用料の開示で、適正な交渉を促す。

26日の有識者会議で示した。格安スマホと呼ばれるサービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)は大手の回線を借りている。大口契約を結べない中小事業者は利用料が高くなりやすい。格安スマホの事業者団体は、総務省に引き下げに向けた取り組みを求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン