/

この記事は会員限定です

自民各派、90年代から資金8割減 無派閥は2割

チャートで読む政治 組織と資金③

[有料会員限定]

永田町に「数の力」という言葉がある。自民党に昔も今もあるのが複数の政治家が集まって活動する派閥だ。情報の共有や資金・活動面の支援だけでなく、ポストの獲得や総裁の選出まで連携する場合がある。

所属人数が多いほど派閥の力は強まるはずだが、1996年の衆院選から1選挙区で1人しか当選しない小選挙区制になると無派閥が増えた。

93年の衆院選後の自民党衆院議員223人のうち96%は5派閥と1グループに所属...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートで読む政治

議員や政党、選挙などのデータをもとに政治の状況を読み解きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン