/

この記事は会員限定です

技術流出防止で政府指針 国際共同研究の環境整備へ

[有料会員限定]

政府は27日午前、首相官邸で統合イノベーション戦略推進会議を開き、研究者の情報開示に関する指針を決めた。公的な助成制度を申請する条件として、外国からの資金提供の状況について開示を求める。研究者が平時から、所属する大学や企業に申告するよう促す方針も確認した。

第三国に先端技術の情報が流出するのを防ぎ、国際共同研究の環境整備を後押しする。

議長の加藤勝信官房長官は会議で「研究活動の透明性の確保により、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン