/

首相、解散時期「おのずと決まる」 収束後の改憲に意欲

菅義偉首相は26日発売の月刊誌「Hanada」のインタビューで、衆院解散・総選挙の時期に言及した。新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいると強調し「一日も早くコロナを収束させ経済活動を再開させる。その中でおのずと解散の時期も決まる」と語った。

目標の議席数については「言うと大変なことになる」と述べるにとどめた。「ただ、議席数に関しては私は欲張りですから」と付け加えた。

憲法改正を巡り、自民党が党是として掲げる自主憲法制定の方針に変更はないと説明した。自衛隊の明記や緊急事態条項の新設などに触れ「コロナに打ち勝った後、国民的な議論と理解が深まるよう環境を整備し、しっかり挑戦したい」と意欲を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン