/

日米、戦闘機8機が訓練 中ロ軍機の共同飛行に対抗か

防衛省統合幕僚監部は26日、航空自衛隊と在日米軍が25日に日本海上の空域で共同訓練をしたと発表した。空自と米軍の戦闘機計8機が飛行した。24日に中国軍とロシア軍の爆撃機計6機が日本周辺を共同飛行し、25日には北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。

防衛省は共同訓練について「自衛隊と米軍の即応態勢を確認し、日米同盟のさらなる強化をはかった」と公表した。中ロや北朝鮮の活動への対抗措置とみられる。

空自の千歳基地(北海道)のF15戦闘機4機と米軍三沢基地(青森県)のF16戦闘機4機が25日午後に飛んだ。

岸信夫防衛相は24日の中ロ両軍機の共同飛行に関し、日米豪印4カ国の枠組み「Quad(クアッド)」が首脳会議を開いた日に合わせた「示威行動を意図したものだ」と指摘した。

防衛省と韓国軍の発表を総合すると、北朝鮮が25日朝に撃った弾道ミサイルは3発だった。1発目は大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったと推定する。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン