/

この記事は会員限定です

原発、次世代炉と運転延長で活用 経産省の行動計画原案

[有料会員限定]

経済産業省は今後の原子力政策に関する行動計画の原案をまとめた。「新たな安全メカニズムを組み込んだ次世代革新炉の開発・建設を進めていく」と盛り込んだ。政府・与党は現行法で最長60年と定めた運転期間を延長する方針で、原案にも明記した。

政府・与党内で表現を調整したうえで28日に開く総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の原子力小委員会で行動計画案の提示を目指す。政府のGX(グリーントランスフォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません