/

この記事は会員限定です

国際機関の日本人2割増、中国意識 国連機関トップはゼロ

チャートで読む政治 外交・安保(5)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

国連や国連児童基金(ユニセフ)などの国際機関で働く日本人は増加傾向にある。2019年末の専門職以上の職員は912人で、15年末から2割増えた。01年と比べると1.9倍になった。

国際社会での発信強化に向けて日本人職員を増やす政府の取り組みが寄与している。

国際機関の職員は欧米人が多い。国連の統計によると19年末の専門職は米国人が日本の3倍、フランス人は2倍を超す。採用は基本的に公募で、英語などの語...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン