/

この記事は会員限定です

着床前検査は保険適用外へ 厚労省、不妊治療巡り

[有料会員限定]

4月から公的医療保険が適用される不妊治療を巡り、厚生労働省は流産を防ぐために受精卵の染色体異常を調べる「着床前検査」への適用を見送る方針を固めた。命の選別につながりかねないとの批判があり、倫理面での継続した検討が必要だと判断した。近く厚労相の諮問機関の中央社会保険医療協議会(中医協)に適用範囲などを盛り込んだ案を示す。

不妊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン