/

事実無根「立場変わらず」 細田衆院議長、セクハラ疑惑

(更新)

細田博之衆院議長は25日、週刊文春に報じられた女性記者へのセクハラ疑惑を重ねて否定した。国会内で記者団の取材に、発行元の文芸春秋に事実無根だと抗議文を送ったと説明し「立場は変わっていない」と強調した。野党はこの日も一斉に批判し、進退を問う声も上がった。与党は事態を注視している。

細田氏は記者団に「事実無根なのか」と聞かれ「同じことだ」と回答。「女性記者を自宅に呼んだことはないのか」との問いには答えなかった。

これに対し、立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長は記者団に「抗議文では事実無根の証明にならない」と述べ、衆院議院運営委員会で説明が必要だと主張。日本維新の会の藤田文武幹事長は記者会見で「事実であれば非難される。進退も含め考えるべきだ」と指摘した。

国民民主党の古川元久国対委員長は会見で「疑念が出ているのであれば、説明責任を果たしてもらいたい」と求めた。衆院小選挙区定数「10増10減」を否定するような細田氏の発言も踏まえ「立法府のトップにふさわしい行動をしてほしい」と苦言を呈した。

一方で自民党幹部の一人は取材に「議長に疑惑が出るような状況はまずい」として、国会運営などへの影響を心配した。

岸田文雄首相は衆院代表質問で、細田氏に議長の資格はあるかと問われ「行政府の長として意見を述べる立場にない」と言及を避けた。〔共同〕

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン