/

出産一時金「40万円台半ばに増額を」 自民議連が提言案

(更新)

自民党の「出産費用等の負担軽減を進める議員連盟」(小渕優子会長)は25日の会合で、出産育児一時金の増額などを盛った政府への提言案をまとめた。現行の42万円から「40万円台半ば」まで引き上げるよう明記した。会合には野田聖子少子化相も出席した。

議連は5月に岸田文雄首相に申し入れる。野田氏は「不妊治療の保険適用が先に始まっている。妊娠から出産の流れを止めず、強い流れにすることを心からお願いしたい」と語った。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません