/

この記事は会員限定です

ウクライナ情勢、日本は台湾波及を警戒 対中抑止と連動

[有料会員限定]

政府内でウクライナ情勢への日本や米欧諸国の向き合い方が台湾情勢を左右するとの見方が強まってきた。米欧がロシアの軍事侵攻を止められなければ、中国による台湾侵攻の抑止にも影響が出るとの見立てだ。日本にとってウクライナは「対岸の火事」と言い切れない。

ウクライナ情勢を巡って米欧とロシアの緊張が高まる状況で、中国は東アジアで日米に強気の構えを示す。中国軍は23日、台湾の防空識別圏に39機もの軍用機を一度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ情勢

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン