/

「脱炭素社会の暮らし」議論 環境省が専門家会合

環境省は、脱炭素社会で暮らしがどう変わるのか具体的に検討する専門家会合を新たに設置する。自治体や地域の企業、金融が協力して脱炭素の動きを加速させる方策を練る。2月にも初会合を開き、政府のクリーンエネルギー戦略に盛り込む。

26日に同省の審議会で「炭素中立型経済社会変革小委員会」の設置を決めた。環境法や経済学、金融分野などの専門家十数人で構成。自治体が積極的に脱炭素に取り組む方策や国民の理解促進の具体案を検討する。4月にも議論の中間整理をまとめる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン