/

この記事は会員限定です

ワクチン接種、医師の予診がボトルネックに

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、接種するかどうかを判断する予診がボトルネックになっている。医師でなければ会場で体調や病状から可能かどうかを判断できないと法的に定めているためだ。政府はオンライン予診の活用なども促して医師の確保をめざす。接種で先行する米英などでは医師の判断を前提とせずに薬局で薬剤師などが注射を打てる。

厚生労働省が自治体に示す実施要領は接種前の予診で不適当者や要注意者を判断...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1016文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン