/

この記事は会員限定です

50年排出ゼロ、官民一体で 改正温暖化対策法が成立

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

国や自治体、企業が取り組むべき気候変動対策を定めた改正地球温暖化対策推進法が26日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。「2050年までの脱炭素社会の実現」を明記し、50年までに温暖化ガス排出量を実質ゼロにする政府目標の法的な裏付けとなる。再生可能エネルギーの導入拡大へ事業者が行政手続きを簡略化できる「促進区域」の仕組みも盛り込んだ。

改正は5年ぶりで、22年4月の施行をめざす。20年10月に菅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン