/

この記事は会員限定です

台湾有事、自国危機として備えを 佐藤正久氏

参院議員・自民党外交部会長 

[有料会員限定]

「台湾有事」への国際的な関心が高まっている。6月中旬に英国南西部のコーンウォール地方で開催した主要7カ国首脳会議(G7サミット)では「台湾海峡の平和と安定」の文言が宣言文書に明記された。

近年、中国は台湾への威嚇を繰り返している。東・南シナ海での一方的な現状変更の試みについて、先進国間で危機感を共有し、中国に対する共通認識ができつつある。

一方で、台湾を巡る国際情勢が予断を許さない段階にまで緊張し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン