/

この記事は会員限定です

ネット選挙規定、実態に合わず 有権者のメール送付禁止

[有料会員限定]

今回の衆院選で動画投稿やSNS(交流サイト)を生かした選挙運動が目立つ。新型コロナウイルス禍を通じオンラインで政策を訴える手段として定着した。ネット選挙の解禁から3度目の衆院選となる。公職選挙法にはデジタルツールの利用実態に合わない規定が残っている。

有権者が特定の候補者への投票を呼びかける場合のルールは典型と言える。SNSのメッセージ機能を使うのは問題ないのに電子メールを使えば公選法違反となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン