/

自民党総裁選 4氏が農業振興策

自民党総裁選のオンライン討論会に臨む(左から)河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏(25日午後、党本部)=共同

自民党総裁選の4候補は25日、党本部が主催するオンライン政策討論会で、農林水産業や防災・減災、国土強靱(きょうじん)化、観光政策をテーマに論戦した。4候補は日本の農産物の輸出強化や農業の担い手となる人材育成が必要だと訴えた。

河野太郎氏は「日本の食生活が多様化する中、なかなか自給率を100%国内でやるのは難しいのが現実だ」と述べた。「様々な機械化やデジタルトランスフォーメーション(DX)、全く新しい食料生産の技術を取り入れるなど多様な農業が必要になる」と語った。

岸田文雄氏は「日本の自然状況を考えると、平地が少ないなど様々なハンディがある」と説いた。「まずは高付加価値のものを作り、もうかる農業を作っていかなければいけない」と力説した。

高市早苗氏は「基本的に有事、大規模災害などに備え食料自給率が100%になるのが望ましい」と指摘した。「もうかる農業にし、日本の農産物の輸出に国が力を入れるべきだ」と主張した。

野田聖子氏は若い人に農業に就いてもらうため「高校や大学での教育を充実させ、人材をつくっていくことが大事だ」と話した。食料自給率の重要性を理解してもらうため「教育をしっかりしないといけない」との考えを示した。

オンライン政策討論会は新型コロナウイルス対策で全国遊説を自粛したため、代替策として設けた。23~26日の4日連続で実施する。最終日の26日は憲法改正、少子化対策、教育などを議題に取り上げる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

自民党総裁選2021

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選には河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4氏が立候補。9月29日に投開票され、岸田氏と河野氏の決選投票の結果、岸田氏が新総裁に決まりました。岸田氏は10月4日召集の臨時国会での首相指名選挙を経て第100代首相に就任しました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン