/

安倍氏、ウクライナ侵攻「中国の台湾対応占う」

自民党の安倍晋三元首相は25日、ロシアによるウクライナへの侵攻を巡り「台湾に対して中国がどのような対応をとるかを占う」と語った。「たいへん日本にとって深刻な出来事だ」と指摘した。国会内での会合で話した。

岸田文雄首相は25日の記者会見で、ロシアへの追加の経済制裁を表明した。安倍氏は「経済制裁をかける以上はしっかりと実質的なものにしていかなければならない」と主張した。

自民党の茂木敏充幹事長は同日の党ウクライナ問題対策本部の会合で、制裁に関して「迅速かつ着実に実施に移してほしい」と強調した。現地の邦人の保護に加えエネルギー市場の安定化などの対策を政府に求めた。

高市早苗政調会長は国会内で記者団に、制裁について「内容を高く評価する」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン