/

東京の緊急事態「感染拡大なら再発令」 厚労相が言及

田村憲久厚生労働相は25日の閣議後の記者会見で、東京都の新型コロナウイルス感染者数を巡り「感染拡大の可能性があれば、緊急事態宣言を再度発令することも十分念頭に置いている」と述べた。ワクチン接種が進んでいるものの「国民全体に行き渡っているわけではない。感染が拡大する可能性はある」と危機感を示した。

記者会見する田村厚労相(25日)

田村氏は時短要請にもかかわらず夜遅くまで営業する飲食店があり、人流も増加していると指摘し、「都道府県にしっかりと対応していただかなければならない」と求めた。

東京都の24日の新規感染者数は570人。前週の同じ曜日を上回る傾向が続いている。東京は緊急事態宣言解除後の21日にまん延防止等重点措置に移行したばかり。まん延防止は7月11日に期限を迎える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン