/

この記事は会員限定です

首相、退陣間際の外国訪問 「日米豪印は定着」

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=竹内宏介】 菅義偉首相は25日、退陣が間近に迫るなかでの米国訪問日程を終えた。在任中に初めてオンライン協議のあった日米豪印首脳の枠組みが毎年開催の定例会議となる成果をあげ、記者団に「完全に定着した」と強調した。

初の対面形式となった24日午後(日本時間25日未明)の会議では、モリソン豪首相が退陣する菅首相をねぎらう発言があり、会場で拍手が起きたという。会議で首相は台湾海峡の平和と安定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン