/

この記事は会員限定です

人民元の外貨準備、5年で4倍弱 ブラジルなど中南米急増

[有料会員限定]

各国の政府や中央銀行が中国・人民元の保有を増やしている。世界の外貨準備のうち人民元は2021年末時点で3361億ドル(約43兆円)と5年で3.7倍になった。米ドルばかり保有すると急落した際の損失が大きく、米国と政治的に対立すれば凍結される恐れもあるためだ。経済力を強める中国の人民元をドル削減の受け皿にする動きがある。

外貨準備は政府や中央銀行が為替介入や対外債務の支払いなどのために蓄えている資産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン