/

この記事は会員限定です

温暖化ガス削減、産業37%・家庭66% 政府30年度計画案

(更新) [有料会員限定]

2030年度の温暖化ガス排出量を13年度比46%減らす目標をめぐって政府が検討中の分野ごとの削減量の内訳がわかった。再生可能エネルギーの大量導入などで家庭部門は66%減らし、工場などの産業部門は37%の削減を見込む。全体で46%減らすための辻つまあわせで割り振った印象が強く、実効性が課題となる。

26日に政府が示す新たな地球温暖化対策計画案に盛り込む。13年度比26%削減をめざした現計画から5年ぶ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン