/

ファイザー製ワクチン 12~15歳も接種対象へ

ファイザー製のワクチンは海外では12~15歳にも有効性が確認されている

田村憲久厚生労働相は25日の閣議後の記者会見で、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて接種対象年齢を引き下げる考えを示した。ファイザー製は16歳以上で承認されているが、12~15歳も対象に加える方向だ。

28日の薬事・食品衛生審議会に報告する。田村氏は「審議会で有効性や安全性がしっかり確認されれば、添付文書の改訂を検討している」と述べた。

海外ではすでに12~15歳でも有効性が確認されている。日本では医薬品医療機器総合機構(PMDA)が治験データを分析した上で、ワクチンの取り扱いを規定する添付文書を改訂するか判断する。

日本で承認されている新型コロナのワクチンはファイザー製のほか、米モデルナ製と英アストラゼネカ製がある。モデルナとアストラゼネカはいずれも対象を18歳以上としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン