/

塩野義のコロナ飲み薬、承認後100万人分購入 政府合意

後藤茂之厚生労働相は25日の閣議後の記者会見で、塩野義製薬が開発した新型コロナウイルスの飲み薬の購入について基本合意したと明らかにした。薬事承認されればまず100万人分を確保し、その後も一定数量を調達する。

塩野義の飲み薬は2月に承認申請し、現在は医薬品医療機器総合機構(PMDA)が審査している。

国内企業が開発した軽症者向け飲み薬の購入は初めて。今後、最終合意に向けて流通経路などの詳細を詰める。後藤氏は塩野義の飲み薬について「実用化されれば軽症者に対する治療の選択肢がさらに広がる」と期待を示した。「安全性と有効性が確認された場合は速やかに承認し、必要量を供給していきたい」と強調した。

コロナの飲み薬は、米メルク製と米ファイザー製の2種類が実用化している。ファイザー製は高い有効性が期待される一方、併用できない薬剤が約40種類と多い。メルク製は他の薬より効果が限られるうえ、カプセルが大きく高齢者などが飲みにくいといった難点があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン