/

ソロモン諸島に外務政務官派遣 中国との安保協定に懸念

(更新)

外務省は25日、中国との安全保障協定に署名した南太平洋の島国ソロモン諸島に上杉謙太郎外務政務官を派遣すると発表した。自衛隊機で25~27日の日程で訪れる。政府要人と会談し、中国が軍事拠点にしかねないとの懸念を伝える見通しだ。

協定の詳細は明らかになっていない。事前に流出した協定草案にはソロモンが中国軍の派遣や艦船の寄港を認めるなど軍事面の協力が盛り込まれていた。日本政府は「懸念を持って注視する」との方針を表明している。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン