/

日米豪印の首脳会談「毎年開催で合意」 首相

(更新)

【ワシントン=竹内宏介】菅義偉首相は24日午後(日本時間25日午前)、日本、米国、オーストラリア、インド4カ国の首脳会談を毎年開催する方針で合意したと明らかにした。「日本が推進してきた日米豪印の取り組みは完全に定着することになった」と話した。

訪問先のワシントンで日米豪印首脳の初の対面による会談に出席後、記者団に語った。インフラ整備や宇宙、クリーンエネルギー分野の協力で一致したと説明した。

日米豪印4カ国の枠組みは「Quad(クアッド)」と呼ばれる。インド洋と太平洋を囲むように位置する民主主義国が集まり、権威主義的な動きを強める中国などを念頭に安全保障や経済を巡る問題に共同で対処する。

首相は在任中の外交成果について問われ「バイデン米大統領との信頼関係の下、日米同盟のさらなる強化に取り組んだ」と述べた。「次の首相には確固とした戦略で世界の平和、安全に貢献する外交を展開してほしい」と語った。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン