/

人口増300市町村、子育て支援が効果 千葉・流山14%増

(更新)

総務省が25日発表した2020年国勢調査(速報)は、大都市への人口集中の加速を浮かび上がらせた。人口が増えたのは東京など大都市を抱える自治体を中心に9都府県にとどまり、秋田など38道府県で人口が減少した。ただ総人口が減る中で、子育て支援の拡充などで人口を増やした市町村も約300自治体あった。成功事例を生かして地方の縮小を食い止める知恵が問われている。

総人口(外国人を含む)は20年10月1日時点で1億2622万6568人と、15年の前回調査に比べて0.7%(86万8177人)減った。前回調査に続き2回連続の人口減となった。総人口の内訳は男性が6136万14人、女性が6486万6554人だった。

47都道府県のうち増加を維持したのは、東京圏の1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)と愛知、滋賀、大阪、福岡、沖縄の9都府県にとどまった。人口が減った38道府県のうち、減少率が最も大きかったのが秋田で6.2%だった。

減少数が最多だったのは北海道の約15万人だった。福島、茨城、群馬、山梨、長野を除く33道府県は前回調査からマイナス幅が拡大した。市町村別でみると、全国1718自治体の8割超で人口が減った。5%以上減った自治体が5割を超す。

減少数のトップは北九州市(2万1664人)で、新潟市(2万442人)、長崎市(2万203人)が続くなど日本経済を支えてきた地方の政令指定都市や県庁所在地の衰退が目立つ。

ただ多くの自治体が人口減に苦しむ中で、人口を着実に増やすことに成功している自治体も少なくない。人口減に歯止めをかけるためにはこうした自治体の成功例を生かす工夫が試される。

象徴的なのが5年前に比べて人口が14.7%増えた千葉県流山市だ。東京電力の福島第1原子力発電所事故による避難指示の解除という特殊要因で人口が急増した福島県の4自治体を除くと、市町村別で最も高い増加率だった。

同市はつくばエクスプレス(TX)が05年に開業したのに伴う再開発事業で、TXの駅周辺は商業施設や公園がバランスよく整備された。リクルート住まいカンパニー(東京・港)の池本洋一氏は「共働きや子育て世代に照準を定めて都市計画を進めたことが奏功している」と分析する。

充実した子育て支援で若い世代を呼び込むことも、人口増につながるカギのひとつだ。

流山市では駅前で児童を預かり、保育所までバスで送迎する行政サービスなどでも先駆けてきた。1人の女性が産む子どもの数を示す合計特殊出生率も、流山市は13~17年の平均が1.58と、全国平均(1.43)を上回る。

人口増加率が上位の市町村をみると、出生率も高い傾向がある。人口減に歯止めをかけるためには外から人を呼び込むのに加えて、地元で生まれる子どもを増やすための工夫が欠かせない。

千葉県松戸市も人口が3.1%増えた。駅前や駅ナカで保育ニーズの高い0~2歳児対象の保育所を整備し、待機児童は21年4月時点で6年連続ゼロだ。新型コロナウイルス禍に伴うリモートワーク需要を受け、託児機能付きのコワーキングスペースも市内に4カ所整備した。

本郷谷健次市長は「核家族が増え、子育てを社会全体で支える必要がある。高齢者施策を進めるうえでも、若い世代が活躍できる土壌を整え、地域の力を高めることが大事だ」と話す。

3.6%増えた兵庫県明石市は17年、JR明石駅前に屋内大型遊具を備えた子育て支援施設を開業した。20年10月からは「おむつ定期便」を始めた。子育て経験のある見守り支援員が満1歳の誕生月まで毎月、自宅に3000円相当の紙おむつやベビーフードなどを無料で届ける。子育ての悩みを聞くきっかけにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン