/

この記事は会員限定です

宣言解除「早すぎた」52% 酒類の提供条件は評価割れる

本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社の25~27日の世論調査で、東京など9都道府県への緊急事態宣言を20日の期限で解除した政府の決定について聞いた。「早すぎた」が52%で過半を占めた。新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」を適用する地域における条件付き酒類提供への評価は割れた。

宣言解除を巡っては「妥当だ」が29%、「遅すぎた」は14%だった。足元では東京などの感染者数に増加傾向が出ており、再拡大への懸念が広がり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り797文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン