/

この記事は会員限定です

政府、邦人の退避呼びかけ ウクライナ情勢の緊迫受け

「勧告」も視野、自衛隊機派遣難しく

[有料会員限定]

外務省はウクライナ情勢の緊迫を受け、現地にいる邦人に個別に連絡し、退避を呼びかける。ウクライナ全土の危険情報を24日に「レベル3」(渡航中止勧告)に引き上げた。情勢次第で最高レベルの「退避勧告」にすることを視野に入れる。

米政府は大使館に勤務する一部職員と家族に退避を命じた。米国の判断を受けて、日本も厳しい措置を検討する。大使館員の家族には国外移動を促す。

ウクライナには20日時点で250人ほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン