/

この記事は会員限定です

米欧景気の急回復に陰り 鈍る需要、長引く供給制約

(更新) [有料会員限定]

米欧で景気回復の足取りに不透明感が出てきた。感染力の強いデルタ型の新型コロナウイルスが広がり、持ち直していた需要が再び鈍っている。部品や物流など供給面の制約で物価が上がり、需要をさらに冷やす悪循環も懸念される。急回復が見込まれていた2021年の成長率は予測の下方修正が相次ぐ。ワクチン証明の活用など感染対策と経済の両立をめざす「ウィズコロナ」の戦略が試される。

米国は4~6月期まで2四半期続けて前期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン