/

24日の衆院予算委論戦のポイント

衆院予算委員会論戦のポイントは次の通り。

【10万円給付】

上川陽子氏(自民)昨年9月以降に離婚した養育者の中には、18歳以下の子どもへの給付を受け取れない人もいる。制度を見直すべきだ。

岸田文雄首相 子どもたちの未来を開く観点から不公平を是正し、こうした方々の手元にも給付金が届くようにしたい。

泉健太氏(立民)全ての対象者に届けてほしい。

首相 できるだけ早く対応できるよう努力する。

泉氏 所得制限を撤廃すべきだ。

首相 一つの制度だけで全て平等に給付するのは現実上不可能だ。重層的な取り組みが必要になる。

【新型コロナ】

泉氏 自治体は病床確保が難しくなるかもしれない。一刻も早く感染症法を改正すべきだ。

首相 今の法律で行ったことが十分機能するかどうかしっかり確認した上で、考えていく。

泉氏 司令塔機能の強化とは何を指すのか。

首相 新型コロナウイルスとの闘いの中で、しっかりと現状を把握した上で考えなければならない。

長妻昭氏(立民)都道府県をまたぐ移動に統一見解を出してほしい。

首相 基本的対処方針の中でどう明らかにするか、ぜひ検討したい。

竹内譲氏(公明)自宅療養者急増が懸念される。

首相 今後増大する在宅医療への対応力をさらに強化するため、パルスオキシメーターの増産に取り組む。

和田義明氏(自民)オミクロン型の重症化リスクは低いと考えられる。経済活動を抑制することの是非をどう考えるか。

山際大志郎経済財政・再生相 めりはりの利いた対策を講じる。社会経済活動の維持と感染防止対策の両立に取り組む。

【佐渡島の金山】

高市早苗氏(自民)世界文化遺産推薦に関し、韓国への外交的配慮は検討事項なのか。国家の名誉にかかわる事態だ。必ず2021年度に推薦を行うべきだ。

林芳正外相 何が最も効果的かという観点から政府内で総合的な検討を行っている。

首相 歴史認識にかかわる問題は重視している。いわれなき中傷には毅然と対応する。

【賃金格差】

竹内氏 男女間賃金格差開示を検討すべきだ。

首相 格差の縮小は極めて重要だ。開示制度の見直しに着手したい。

【予算案誤記】

大串博志氏(立民)22年度予算案の総務省関連資料に13カ所の誤りがあった。

首相 大変遺憾で、心からおわび申し上げる。

【ミサイル防衛】

宮沢博行氏(自民)ミサイル迎撃態勢と敵基地攻撃能力の2つの柱で、国民の命を守っていかなければならない。

首相 敵基地攻撃能力を含め、あらゆる選択肢を排除せず検討を進めたい。

【名護市長選】

宮崎政久氏(自民)沖縄県名護市長選で自民推薦の現職が再選された。

首相 市長と連携しながら、名護市と沖縄の北部振興に取り組む。

【文化芸術支援】

浮島智子氏(公明)文化芸術団体の支援の方向性を打ち出すべきだ。

首相 人々の心を癒やす文化芸術の力は必要だ。議論を深めたい。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン